【ロードバイク同士の挨拶】挨拶はマナー?挨拶をする理由は?

スポンサーリンク

はじめに

ロードバイクに乗っていると、いろんな方に出会いますよね。

特に「マナー」の問題は、敏感な話題ではないでしょうか。



アンケートをとってみた

「あなたは挨拶をしますか?」


以前にこんな質問をしてみました。

83%が挨拶をする17%が挨拶をしないという結果になりました。

36名の皆様、ありがとうございます。

会釈、手をあげる、声を出す....たくさんあると思います。

後ろから抜かして走る時、車道などでは危ないので「通りま〜す!」と一声掛ける方も多いですよね。


特にロードバイクが少ない道では挨拶される方が多いのかなと思います。

先日の淀川ライドでは、毎日のようにロードバイクのプロのような方々がいるので挨拶はあまりされませんでした。


ですが一度、とても丁寧に挨拶をされたことがあります。ヘルメットに手をかけ、軽く会釈というかお辞儀をされていました。

すごく素敵な方だと思いました。


特に早朝からのライドでは仲間を見かけると「おっ!いる〜!」とやる気にもなりますよね。(笑)


また、こんな質問も。

ロードバイク以外には挨拶をしますか?」


こちらは64%が挨拶をする36%が挨拶をしないという結果になりました。

22名の皆様、ありがとうございます。

挨拶をしない方が先ほどの結果より増えました。

わたしは質問で、ヘルメット有りと記載しました。

一応、レーパン、サングラス、ヘルメットといういわゆるローディーを指したい意図で書いたつもりですが、通学・通勤や友人とのサイクリングなども想像された方もいるかもしれません。

ですが、結果的にヘルメット有りのクロスバイクやミニベロの走者には挨拶をしない方も多いですよね。


結果的には、自転車乗り同士挨拶をされる方が多いという結果になりました。

では、挨拶をする理由は何でしょうか。

ロードバイカーが挨拶をする理由とは?

私は、ロードバイクに乗る方は普通以上に、安全に気を使っている方が多いと思います。

理由は、

ロードバイクに乗る方は年齢層が高く車の免許を持っている・社会を知っている為自然に交通ルールについても身についているから

だと思います。

大群で走る高校生軍団や右側走行のママチャリに、時速25kmのロードバイクがぶつかったとき、危ないのはヘルメットをしていないママチャリですよね。


3.ロードバイカーの意識の高さ


ではその時の責任はどちらが重いでしょうか。

自転車事故の責任

この方のブログを参照させていただきますが、

高速走行をしていた場合の責任が重くなる

ロードバイクが時速30キロメートルを超える速度で走行していたと認められる場合、自転車による事故ではなく、当事者がオートバイの事故に相当するものとして扱われることがあります。

 例えば、高速走行中のロードバイク軽快車と衝突した場合、自転車同士の事故ではなく、スポーツ車(オートバイ相当) 対 自転車(交通弱者)という図式となり、ロードバイク側の責任がより重くなります。

リダイレクトの警告


つまり、もし信号無視やながら走行でぶつかってきた自転車がいたとしても、高速走行をしていた方が責任が重くなる場合があるとのことです。

自身の身を守る為だけでなく、安全な走行を心掛けることはマナーの問題だと思います。

その点、本題の挨拶についてですが挨拶をするということは、マナーを守っている仲間ですよという合図になっているのではないかと思います。

マナーを判断する基準

そして、その基準は

「ヘルメットを装着しているかどうか」

ではないでしょうか。

ヘルメットをしているかどうかというのは、個人が安全に対する意識を持っている証です。

「挨拶はマナーなのか、ルールなのか」

決まったものは何一つないと思います。

ですがお互いルールを守り、安全に走行しているという合図を送りあうことで事故を減らすことができればいいと思いますし、車やバイクと違い免許のない乗り物「マナー」が自転車業界を左右すると思います。

まとめ

お互い気持ちよく走れるためにも、せめて抜かす時の挨拶やすれ違う時の気の使い方などを工夫していけたら、もっと走りやすくなりますね。